« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

落合監督、表情変えず②

今日は、8-10で負けてしまった。

いろいろな意見があろうが、7回の岡本を交代させなかったのは、仕方が無かったように思う。今まで、落合さんの神憑り的な判断で勝ってきたドラゴンズ。今日は、仕方がない。

ただ、リナレスも一本でた。あきらめない選手達の気概が見えた。
明日は勝つよ。きっと。

仕事では、自社の賃金制度に職務給を導入しようとしている。色々な企業で導入されてはいるが、わが社にとっては困難な問題が山積している。

日本の企業・社会が、社員一人一人の「職務」というものの範囲と価値を、誰もが納得できるように規定することなど、不可能なような気がするのだが。

とりあえずは、最善の努力をするだけだ。


朝食:キムチ茶漬け    昼食:太閤定食       夕食:うどん・サラダ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落合監督、表情変えず。

最近、家に帰ってきたらバタンキューの日が続いていたので、ここの日記の更新も10日ぶりとなってしまった。会社では、何故か、新入生のHさんと気があってしまっている。同じ会社ながら別のフロアーであり、いっしょに仕事をしていないのに不思議だ。しかし、最近の新人は怖いものしらずだ。私の若いころ(といっても8年ぐらい前だけど)なんて、先輩と話すことさえ怖かったことを覚えている。

 今日のドラゴンズ、最高でした。松坂を打てるとは思わなかった。昌もよく投げたし、井端、立浪、谷繁、アレックス、高橋も良く打った。井上もよく捕った。昨日、信じられないエラーをした蔵本が3塁打を打った時には、本当に涙が出てきた。

 今日の最大の功労者は、ナゴヤドームのお客さんだった。この応援はすごい。短期決戦だったらお客さんは来るのだ。レギュラーシーズンもやり方を変えたらどうだろうか。

 来週の名古屋地下街にも、「燃えよドラゴンズ」が流れていて欲しい。

 朝食:パン   昼食:日清の焼きそば    夕食:リキのギョーザ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株相場

今日は、意外に強い相場でした。

日経平均:11,281.83  +2.20  

最近は、かなりキャッシュポジションを増やして、少し様子見をしている。
まあ、親会社の株を押し目で買い、適当なところで売るということを、しばらくは続けていこうと思っている。この親会社、本当にきれいなボックス圏チャートを形成し続けている珍しい銘柄である。

 まだ、欲しいスギ薬局(7649)は、買えていない。
インボイス(9448)も、SO権利だけとって、損が無いところで売ってしまった。チキンだなあ。
 次回の仕込みは、12月にしたいとは思っている。

 ただ、今感じているのが、そろそろ、新興市場全体の上昇ブームが終わるのではないかということである。来年からは、東証銘柄がボックス圏を効果的に形成しながら、日経平均が静かに上昇していくのではないのだろうか。
言い換えれば、新興銘柄の「期待と人気性による売買」ではなく、東証銘柄の「実績と確実性による売買」が、投資の中心になっていくと思う。
 確実に、株式投資の民衆化が進んでいることも期待が持てるのではないだろうか。
 
あとは、もう一段階、株式譲渡税の減税をしてくれてばいいのにな。

 ただ個人的には、やっと新興市場の暴騰暴落が好きになってきたところなので、引き続き、新興市場にも目に向けていきたい。

 儲けるには新興、勉強には東証。
 (損するのも新興だけど…)


 朝食:パン     昼食:太閤定食       夕食:さんま・大根おろし・冬瓜の味噌汁・サラダ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋駅の「燃えよドラゴンズ」

会社から帰るとき、東山線から、名古屋駅地下街をいつも通って名鉄ホームへ行くのだが、今日は一日中「燃えよドラゴンズ」が流れていたようだ。ついつい口ずさみながら歩いていました。

そのせいか、本宿駅まで寝過ごしてしまい、たいへんな目にあった。
寒い本宿駅ホームで、しがないサラリーマンが2人。
藤川駅から、愛産大三河・岡崎東高校・愛産大の学生が乗ってきた。

でも、今年は、なんで「燃えよドラゴンズ2004」を作らないのだろう。

「一番荒木が塁に出て~、2番井端がヒットエンドラン~、3番立波…」

いい歌なんだけどなあ。

今年は、6番以降が定まってなかったからかなあ。

落合監督が作るなと言ったのかなあ。

ファンとして、今年バージョンを作って欲しいと思っているのは、
決して私だけではないと思うが。

朝食:パン・コーヒー   昼食:海老塩ラーメン(桃の花)          夕食:早川麺舗の手延べうどん


体重が1週間で3キロ落ちた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »