« 30過ぎの健康不安 | トップページ | リクルート就職カンファレンス »

名鉄のお色直し

本題に入るまえに、株の話。最近は、市場もふらふらしていて、1月なんて上下幅は11580円-11212円=368円!。自分のようなチキンには手を出し辛い相場ではありますが、マイポートフォリオは堅調。アセット(2337)、ベリトランス(3749)、ファイナンスオール(8437)、日本エスリード(8877)、パトライト(6825)、IDU(8922)、カゴメ(2811)、石光商事(2750)など、入れ替わり上昇する銘柄があり、堅調である。1月に恐る恐る売買したのは、スギ薬局(7649)の売りと、イーアクセス(9427)の買いのみ。まあまあか。当分売り買いはなしとするつもり。

 今日は、今回の名鉄のダイヤ改正後、初めての出勤でした。基本的には、名鉄名古屋駅も大都市ターミナルっぽく明るくなり、また案内板等も旅行者に判りやすくなっており、いい方向に向かっていると思うのだが、旅マニアの端くれとして、あるいは地元のヘビーユーザーの一人としてあえて苦言を述べさせていただきたい。


●空港に利便を図りすぎである。

●快速特急・快速急行は、意味不明。


愛知県人というか、田舎の人は、新しく自慢したいものが出現すると、それが一番立派なものと勝手に定義してしまい、それ以外はすべて我慢をしろと強制する帰来がある。たしかに、空港に利便をはかるのは良かろうし、ビジネスや旅行には便利だが、それ以上に地元の利便も大切にすべき。はっきり言えば、常滑以外の多くの地元民にとって、今回のダイヤは改悪である。空港行以外の連絡は確実に悪い。直通便を作りすぎだ。地元の人はそうそう空港に用はない。名古屋駅に2本しかレールが無いくせに。

 もうひとつ、快速特急と、快速急行。止まる駅にあわせて6種の名称を作り、利便を図ったというが、余計に判りにくくなった。とくにJRに馴れている人にとっては、快速と特急がいっしょになった列車なんて、落語の世界ですよ、まるで。JRをはじめ主な私鉄でも、同じ名称の特急や急行で停車する駅は違うことは多々あり、そんなにユーザーの違和感は小さく、わざわざ列車の種類を6種も作る必要は無かったのではと思う。
 私的には、「高速」の復活を期待していたのにな。

 とにかく、名鉄にはがんばって欲しい。ただ、株価が上がっているのには解せない。不思議で仕方がない。これだけの即効性のない先行投資をし、明治村等の負債を抱えるなか、株を買う人の意見を聞いて見たい。新空港で儲かるといっても、今の名古屋空港の売り上げが減るわけだし、万博なんて、愛知環状鉄道やJRもある。お祭りが終わったら借金だらけともなりかねない。少なくとも自分は愛知県人として買わない。
 投資は自己責任で。

 豊明車庫に、役目の終わったパノラマDX8800系が止まってました。ごくろうさま。

|

« 30過ぎの健康不安 | トップページ | リクルート就職カンファレンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39981/2763877

この記事へのトラックバック一覧です: 名鉄のお色直し:

« 30過ぎの健康不安 | トップページ | リクルート就職カンファレンス »