« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

モリゾー&キッコロはいつまでも笑顔のままか?

愛知県に住んでいて、モリゾー・キッコロを見ない日はない。

 昨日もNHKが一日中、愛・地球博の特番を組んでいたようだ。中日新聞や、各種広告・企業の商品にも、そこら中にモリゾーが溢れている。どのモリゾーも笑顔で愛らしい。敬宮愛子さまもモリゾーファンのようだし、愛知県や、万博関係者にとっては、ここ最近も知名度の上昇には満足だと思う。

 昨日の中日新聞に、「旧愛知青少年公園の名前のある交差点の信号案内板が残っており、撤去した」との記事があった。

愛知青少年公園…
 
愛知万博開催のために、見事つぶされた本物の自然公園である(周知の事実だと思う)。自分も弟と良く遊びに行き、その自然と戯れたものだ。いい公園だった。各方面から公園の破壊に対し反対の声が上がったが、「万博」という大事業のため、子供と若いファミリーの大きな遊び場は壊されてしまった。

昨年の5月ごろ、国道153号を名古屋から豊田方面へ走ったことがある。右も左も赤土だらけ。何十台ものトラックや重機が、緑の山を切り崩していた。その見たこともない景色に圧巻され、声も出なかった。ただ、ここまでする必要があるのかとびっくりした。「万博」ってなによりも偉いんだなと。

モリゾーやキッコロは、確か森の精だった気がする。NHKのアニメでもそのような設定だし、絵本「もりのこえ」ではさまざまな色のキッコロが森の中で遊んでいる挿絵がある。

青少年公園にも、153沿いの森にも、モリゾーや、キッコロがいたはず。笑顔で遊んでいたはず。今もいるのだろうか、笑顔で遊んでいるのだろうか。

愛知県がこれだけ必死になっているのだから、今回の「万博」は成功すると思うし、成功して欲しい。事務局の皆さんのご苦労を思うと、涙が出てくる。

今各所で露出しているモリゾー・キッコロ達は笑顔だ。きっと、万博開催中は笑顔で終わるだろう。でも、開催が終了した後、可愛いモリゾー達がホコリにまみれてゴミ捨て場に棄てられてはいないだろうか。万博跡地に、森の精であるキッコロ達はいつまでもいてくれるのだろうか。

この代償は大きい気がするのだが。

万博なんて、海の上に大きな船(島)を浮かべて、そこを会場に開催すればいいと思っていた。日本の造船技術は世界一だったのだ。
なぜ、森で静かに生きていた「モリゾー&キッコロ」達をあのように無理やり笑顔にさせ、その森を壊す必要があるのだろうか。

愛車のバックミラーにも、モリゾーが笑顔でぶら下がってくれている。もう一年ぐらい前からだ。
モリゾー&キッコロ達が、私達に対し、いつまでも笑顔でいてくれることを祈りたいし、努力していきたい。
そして、「愛地球博」の大成功を祈りたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の夜の夢

金曜日、名古屋市芸術創造センターに芝居を観てきた。

「夏の夜の夢」という題目で、シェークスピアのパロディだ。
とはいえ、名古屋市文化振興事業団の年に一度の企画公演であり、なかなか大掛かりだった。大正時代を舞台にしているので、明智の大正村が後援していた(しかし宣伝効果はイマイチかな)。

 いい芝居だったと思う。演出・音楽監督などは実力者を揃えているとのことだが、キャストは地元のメンバー。それを差し引いても、楽しかった。いわゆる舞台等でメジャーに活躍する人達に比べてしまうと、声量・演技に素人臭さを感じることは否めないが、料金の高いミュージカルやオペラを観たいのだけど、つい足が遠のく私のような一般市民にはたいへん充実したひと時だった。他の観客の皆さんもおおよそ良い感想を持たれたようだ。

 自分の周りには、何故か歌やら演劇やらをするのが好きな人が多く、職場の上司も市の合唱団に入っているし、何人かの友人も市民コーラス等で歌っている。母親の友人にも地元の劇団員がいて、年に2回は観に行く。三河中の高校の演劇大会も時間が合えば行く。今回の「夏の夜の夢」にも友人が出演している。そういえば、高校の時に憧れた女の子も音大に進学したなあ。今は何しているのか分からないけれど。
 自分は全くセンスがなく、出来ないのにである。

 芝居や歌などの芸術(絵画などもそうかもしれないが)って、演者それぞれのレベルで楽しめるから好きだ。観客の私達が大上段に構え、「芝居とはカクあらねばならぬ…」などと言わずにいれば、一回3万円のオペラから500円の高校生の発表会まで、どれも楽しめる。思わぬ完成度の高い舞台に出会った時など、本当に得した気になり嬉しいものだ。

 残念なのが、毎年観ていた旭丘高校のダンス部とそのOG(旭舞会?)の皆さんの「ダンスフェスティバル」に今年は行けながったこと。今年で5回目だった。過去4回の舞台はどれもすばらしく、年々レベルアップしているのには、感嘆したものだ。今年の2月12日の舞台もさぞ楽しいものだっただろうに。残念。

 旭丘の舞台は会場が溢れんばかりの人になる。今回の「夏の夜の夢」も満席だった。
 みんな好きなんだね。たまには、職場の喧騒を離れて、楽しいときを過ごしたいよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小さな幸せ

最近は、夜11時ごろに帰宅することが多い。

疲れて帰宅し、風呂に入って、「フー」と一つため息をついた瞬間。

極上の幸せを感じる。


先日、日経新聞が当社人事に取材に来た。
当社人事制度についての取材だった。
まだまだ課題ばかりが目につく制度だが、
一部には先進的と映るのか?、あるいは異端と映るのか?…

明日から新卒の会社説明会セミナーが始まる。
他社に比べて遅い時期からのスタートだが、
多くの学生さんとお会いできるのが楽しみである。


疲れた、温泉にでも行きたいな。
昔、学生時代の友人と行った二本松の渋温泉が懐かしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の図書館本(2月20日)

今週、図書館から借りてきた本。

・「ブッダ」(手塚治虫)
・「まず、日本型人事を変えよ!」(田中滋・淺川港 ダイヤモンド社)


午前中は、父が朝早くから親戚の葬式に行ったので早めに起きる。
いとこが死んでしまった。早すぎる死。
人間は必ず死ぬ。死ぬために生きている。

朝から、国税局HPを利用し「確定申告」を作る。かなり機能的だ。どこの会社が作ったのだろう?

その後図書館へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中部国際空港開港日の名古屋駅

今日は、たくさんの旅行者がいた。

朝から、名鉄は大きなかばんを持った人が目立った。最寄駅の空港直通バス乗り場にも長い列が出来ていた。わざわざ中部国際空港の開港に合わせて旅にでるのかな。

名鉄名古屋駅では、さずがANAの筆頭株主である名鉄。ANA娘と2人の男性が大声を張り上げて宣伝していた。でもあのANA娘、こんな名古屋駅にいるより、今日は華やかな空港で仕事をしたかっただろうな。可愛そうに。

まあ、名古屋駅周辺は騒がしかった。
国内初の民間空港。私の勤務先の親会社が中心に運営している。
公約どおり5年で黒字にできるが見ものだ。

フー君のマスコミへの露出が増えてなんとなく嬉しい。
たとえ、歩くゴミ箱と言われてもいいのだ。
あの可愛さはわかる人にはわかる。

そういえば、モリゾーおばかさんのブログを見つけた。まだ高校生らしいが、こういう人は大好きである。あの「大きな藻の塊」のようなモリゾーと、「いつも口が半開き」なキッコロを愛せる人は良い人だ。イチローも野球バカだし、藍ちゃんもゴルフバカ。周りからバカと思われるような無駄な物に夢中になれる人が人生を楽しめるのだ。
私の勤務先の会社には、オリジナルモリゾー&キッコロがある。
さすが愛知県の会社だと、我ながらあきれているが、実はこういう姿勢は大好きだ。
とにかくこの方には、キャラ好きとしてさらなる成長を期待したい。

 わが小泉首相は、郵政民営化バカなのか、権力バカなのか知りませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスコミの地位

以前私が「日経新聞」について書いたところ、就活中のぴろ氏さんからコメントを以下の頂いた。

「確かに公平な目でニュースを捉えるという意味では日経を読むのはいいと思うのですが」

違うと思う。日経新聞は公平ではない。

 株投資をしている人は良く解ると思うが、「日経新聞」の書き方の偏りは甚だしい。同じ事柄に対し、何をピックアップして、どの方向から書くかによって、良い事が悪い事にも、悪い事が良い事にもなる。日経新聞の場合、明らかに歪曲しているのではないかと思える記事も中にはある。
 書かれた企業なんてその思いがもっと強いと思う。私の勤務先関係の記事が出たときなどは、「かなりイメージが違うな」と感じることが多い。

 昨日の中日新聞夕刊に、元ジャパンエナジーの萩原美樹子さんのエッセイが乗っていた。この方は、バスケファンなら知らない人はいないであろう有名人(日本人最初の米国女子プロバスケットプレイヤー)なのに、今の子供達は萩原さんの輝かしい選手時代を知らない。
で以下萩原さんの文。

 私が「テレビにでたことがある」ことを知った時、子供達から「すごい」という最上級クラスの評価が反射的にくる。彼らにとっては、私の実際のプレーよりも「テレビにでたかどうか」のほうが重要というわけだ。「テレビに出る」イコール「すごい」という公式の、何の邪気も躊躇もない成立は腑に落ちぬ。

 確かに腑に落ちぬ。変だし、危険。

 株の買占めに遭いそうというだけで、ライブドア堀江社長の出演する番組の放映を中止するフジテレビや、朝日新聞のロゴ入りユニホームを審判が着るということで、ラグビー中継を中止しようとしたNHKのような、視聴者におしりを向け、かつとってもその穴が小さい、テレビをはじめとするマスコミの絶対化・神格化は変。

 しょせんテレビはテレビであり、その利害関係者にとって都合の良い人達を露出し、都合の悪い人達は出さないだけ。テレビは(残念ながらいまやNHKも)公共でも公平でもなんでもない。

 だいたいなんで、この社会、こんなにテレビの地位が高いんだろう。くだらないクイズをし、必要もないほど大人数のタレントを呼んで、「ワハハハ…」と笑うだけ笑って終わる番組や、会場にアイドル歌手を呼び、選手達のプレーを見せたいのか、アイドルの臭すぎるパフォーマンスを見せたいのか解らないようなスポーツ中継(これについては、以前、日本バレー界の重鎮 松平康隆氏の批判的な意見も聞いたことがある)等が目立つテレビ番組に出たとて、なにが「すごい」のかわからない。

 テレビ、新聞はうのみにしてはいけない。情報は選んで利用してすべき。

 しかし、昨日のラグビー日本選手権「早稲田 × トヨタ自動車」の試合は面白かった。当然最初はトヨタの応援だったが、途中から早稲田を応援してしまった。こんな好試合を、自分達の感情で放送中止にしようとした、自称公共放送NHKが残念!、斬り。
 
 でも、それがマスコミ(テレビ・新聞等)なのだから、仕方がない。それは仕方がないのだ。

 だけど、こんなマスコミをまともに信じる人達は、よく解らない。変である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めぇめぇさん(ポドリー)

森チャック好きの後輩からメールが入った。

この3日間は修行僧の如く試験勉強をしようとしている私に、「こんなに天気がいいのだから、ロフトでも行き、ポドリーでも買え」と。

 来週は、きんざいの直前講習だし、それ以降は新卒採用も出張も増えるので、この3連休に賭けているのだよ私は。へたな誘惑はいけません。


 
 しかし、このポドリーさん(がおくんのかわをかぶっためぇめぇさん)は、意外に人気があるようだ。グーグルで検索しても、かなりのヒット数がある。グッズもよく売れているようだ。まあ、まぐろキティーでも商売になる業界だから、なんとも言えないけど。地球の裏側でも売っているようだし。

 チャックさんの風刺が入ったキャラクターは面白い。本人はどのようなユーザーを想像していたかは知りませんが、多くの若者に支持されているよう。もう少し早く出会って、心斎橋でのストリート店舗に行きたかったなあ。

 うみにんも、フジテレビに見出されなければ、超兄貴(伝説のオカマ格闘ゲーム)の隠れキャラで終わっていたのだから、キャラの人生も不思議だな。

 ただ、その後輩、うみにんの良さはわからないようだ。うみにん本を貸したのだが、感想はいまいちだった。

 キャラクター産業の拡大は広がり始めたばかり。愛地球博のモリゾー・キッコロも、人気上昇中だ。愛知県では、街中で見かける。第一印象は、「変な藻の塊」が歩いていると思ったのにね。

 フー君も、ライセンス料でケチってないで、もっとみんなのキャラクターに育てて行きましょうよ、中部空港さん。でも、ある程度の規則は必要だと思うけどね、フー君ならぬ、ブー君が出てきても困るし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福利厚生としての保養所

今日は、DC投資教育セミナーの対応と、グループ会社3社で共同利用しようとしている各社保養所の予約フローの作成・意見調整に追われた。保養所は、福利厚生ではインパクトのある商品でもあり、必要である。しかし、企業にとってかなりのお荷物でもあり、各企業で対応が分かれるところだろう。当社は、グループでシェアを共にして、効果の増大を図る目論見。「賃金実務」の先月号をみると、多くの企業で自前保養所を廃止している。しかし、カフェテリアプランを導入しているわけでもなさそうだし、社員に対し、どのような対応をしているのだろう。
 電話では、ある社員から「乗っていたバスが急停車して打撲。通勤災害となるか」との問い合わせ。バス会社との賠償交渉をすることにする。
 他チームは、改正育児・介護法への取り組み強化mtgあり、シフト部署との労働時間マネジメント会議ありと、大忙しだった。夜は、昨日同様、考課システム調整。

 当然のごとく、本日のサッカー北朝鮮×日本戦は観戦できず。まあ、とりあえず勝ったらしいのでご苦労様。株は、ライブドアと昨日の寄りで買ってしまったバリュークリックが、急上昇中で含み益増大。たまにはいいこともあるもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確定拠出年金準備 佳境

本日も忙しかった。残業なしで帰ろうと思っていたが、到底無理な話だった。

午前中は、確定拠出年金(DC)の社員向け「導入時投資教育セミナー」の社内案内の準備に追われた。簡単に準備といっても、対象者が全正社員(約1250人)だから大変である。今回は、国内8箇所の各拠点とはTV会議システムにて中継することにした。本当は、それぞれの拠点に講師を派遣すべきなのだろうが、いかんせん予算がない。
 会場の本社会議室も定員40名分しかなく、参加者をどう割り振るかも結構たいへん。テキストも無駄なく配らなければならない。そして何より、各職場の理解がないと、このような研修一つ意味あるものにならないのである。ほうぼうにメールを送ったり、雑用をしているうちに、お昼。
 
 午後は、会議が2本。1本は、G内の進捗確認ミーティング。皆さん忙しそうだ。課長からは、もっと当社の人事ビジョンに意識を向けて企画をするようにとの訓示があった。
 2本目は、DCのコンサルをお願いしている信託銀行との打ち合わせ。もう最終段階に入ってきた。行政への書類は出してあるので、後は個人情報関係の押さえと今後のスケジュール。そして、投資教育セミナーの内容のすり合わせ。どうも納得のいかない内容だったので、少し注文を出す。外国在住者の対応も手間がかかりそう。前退職金制度との移行データも完成しきれてない。運営管理機関へデータを送るシステム構築も間に合うかしら?。

 とにも、DC関係の業務は佳境に入ってきた。

夜は考課関係のシステム調整で時間が過ぎた…。

もっと効率よく仕事ができないものか。今日、ニッポン放送株を35%取得と発表したライブドアの堀江社長。次々とアイデアを実行している。どんな仕事の段取りの付け方をしているんだろう。今回のやり方は気に食わないが、アイデアの内容と、生き方に尊敬。自分も小株主ながら応援したい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の図書館本

今週、図書館から借りてきた本。

・ここが違う 勝ち組企業の成果主義(柳下公一・日経)(再)
・わかりやすい人事が会社を変える(同上)(再)
・反 経済学入門(高橋 香・かんき出版)
・トヨタシステムと管理関係(河田 信・中央経済社)
・三河物語上・下(教育社)


読む暇があるかしら…。
学生時代にもっと読んでおけば良かった。
旅ばっかり出かけていたからなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

就職活動の学生と資格

 今日は、「DCプランナー」という資格試験の勉強をしていた。DC導入担当でもあるからと自己啓発のつもりで、会社に黙って受けようとしていたのだが、ふとしたことで上司にばれてしまった。
 ばれてしまった以上合格しなければならない。合格したあかつきには、会社が登録料を出してくれることになった(自分で決裁書を起こしたのだが)から、万が一にも落ちるわけにはいけない。

 資格といえば、学生さんの履歴書。皆さんたくさん資格を持っており感心するのだが、あまり採用時の判断材料には私はしない。理系の研究職や技術職、知的財産関係の採用、あるいはコンサルなどの「資格」で商売をする業態の会社等を除けば、関心を引く材料にはなるが、どの会社も採用有無の判断材料にはしないと思う。

 先日の販売士更新講習の中小企業診断士の先生も嘆いていたが、販売士の資格は学生には人気がなく、講義の定員が集まらないことも多々あるようだ。組織論や、労務管理、経営等の試験内容が学生には「お堅い」とみえ、秘書検定や、パソコン検定の方が学生さんには魅力的らしい。
 
 ただ、わが社にとって、秘書検定やパソコン検定は魅力的ではない。採用するのは、TOEICが900点ある人や、司法試験や会計士試験合格者でもない。採るのは、その時に会社に必要な人材であり、社内の多くの人達といっしょに仕事ができる人材だ。それはどんな人材だと言われてもここではまとめきれないが、少なくとも「資格」では採らない。

 しかし、就職活動で「資格」が有効でないとも思わない。たくさんの履歴書を見ていて、資格を10つも持っている人や、不思議な資格を持っている人は目立つ。あるいは、趣味と資格が見事にリンクしている人や、空手3段などという武道系の資格は企業好みである。あと、これは採用担当の性格にもよるが、高校野球で甲子園出場とか、演劇の全国大会、華道の発表会で入賞などという、直接そこの企業業態とは関係ないが、ごく一部の選ばれた人間しか出来ない経験をした人間は欲しいのが心情。
 「資格」は自分をアピールする材料としては非常に有効だが、それ以上のツールではない。

 私の会社でもリクナビからの登録を受け付けている。もうすぐ会社説明会も始まるし、たくさんの学生さんと会うのがいまから楽しみだ。私個人的は、たくさんの奇妙奇天烈な「資格」保持者と話をしてみたい。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪の次は…

昨日は、ナゴヤでも大雪が降り、名鉄も朝から90分ほど遅れて運行していた。自分も7時ぐらいに家をでて、会社についたのは9:10分ごろ。10分の遅刻だ。 
 このような日は地下鉄が強い。いつもより混んではいたが、ほぼダイヤ通りの運行。当然近場の皆様は遅刻なし。ただ、多少通勤距離のある女性の大幅な遅刻が何故か多かった。この辺りが、男女の労働環境・昇給昇格の違いが出て、差別だとフェミニスト達に叫ばれる所以か。

 今日は、地下鉄が今池駅の信号故障という理由で、15分ぐらい送れていた。とはいえ、朝の地下鉄東山線は2分間隔で走っているので、入線した電車が遅れた電車なのかよくわからない。
 でも、激混み。名古屋のホームは文字通り溢れんばかりの人、人、人。新人らしき女性の係員が、たどたどしくアナウンスしている傍から、まどろっしく思ったのか、ベテラン男性駅員がマイクを取りあげ、大変流暢に状況説明をしだしたのが印象的。お客としてもなんとなく安心感が広がる。

 これだけの人がイライラしだし、暴動を起こしたら大変だな、通勤はユーザーの暗黙のルールにのっとって成り立っているんだなと、変なことを考えながら会社に向かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リクルート就職カンファレンス

今日は、「リクルート就職カンファレンス2005 inナゴヤドーム」というイベントに行って来た。新卒学生向けの企業展だ。リクルートの担当者によると、本日で1万人近い学生さんが入場したそうである。

 聞けば、東京の学生に比べ、名古屋の学生はおとなしいのだそうだ。地域性として思い当たる節もある。ただ、私はそれ自身はマイナスだとは思っていない。 「おとなしいが愚直」それが愛知の強さの一つだとも思っている。

 各ブースを回ってみると、知名度の高い企業ブースには何重もの列ができていたが、企業内容はたいへん良いのにも関わらず、知名度の低い企業ブースはガラガラだった。ホントに学生さんは企業を見る目がない。ホントにもったいない。

 学生さん、くだらないTVのCMに惑わされて日経ばかり読むのではなく、もっと生の市場や、店舗・人を実際に感じる努力をしてください。確かに日本経済新聞は情報をコンパクトにまとめてある読み物としては便利なツールですが、それ以上のものでも、それ以下のものでもありません。内容も新聞社の意図的な情報操作はあることを承知のうえ、読むことです。日経に載っていることが正しいとは限りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »