« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

ワタミ優待

3月決算の優待がぼちぼち届き始めている。

ワタミが今日届いた。7000円分の金券だ。
自分は、有機野菜かアイスクリームに替えるつもり。

とても楽しみがいのある優待のような気がする。
7000円も魅力だが、野菜とアイスの選択というのもよい。
なにより、送付してきた文書のレイアウトがセンスが
良かった。

すでに売ってしまっているのが残念ではあるが、
920円ぐらいになったらまた買おうかとおもう。


現保有銘柄

アセット(2337)
カゴメ(2811)
GFC(7559)
ライブドア(4753)
ベリトランス(3749)
SBI(8473)
ファイナンスオール(8437)
インボイス(9448)
加ト吉(2873)
スギ薬局(7649)
カネボウ(3102)
マルコ(9980)
USEN(4842)
東洋合成(4790)
日産自動車(7201)
ワールド日榮F証券(8696)
大庄(9979)
新日本建物(8893)

うーん、先週の急落で安くなったからと
だいぶ買いこんでしまった…。
もうすぐ車検だからいくらか売らなければならぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポドリ記念日

最近恐ろしく忙しいので、更新する気力がなかったけど、嬉しいことがあったので一言だけ。

後輩からポドリーさん人形を貰った。なかなかである。
趣味がいい後輩を持って幸せだ。
さっそく我が家の個性派キャラグッズにメンバー入りさせた。

初めてポドリーさんが我が家に来た今日は、ポドリ記念日。

以 上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の図書館本(5月22日)

今週の図書館本。


長銀破綻(須田慎一郎・講談社)
現代社会と労働(菊野一雄・慶応義塾大学出版会)
他人に好かれる自己表現のコツ(高シマ幸広・PHP研究所)
企業価値はこうして創られる(本多 淳・朝日新聞社)
ヤル気を引き出す成果主義ムダに厳しい成果主義(野田稔・青春出版社)
京都に蠢く懲りない面々(講談社+α文庫)
思い出万華鏡(西川勢津子・SCCBOOKS)


先日、私の勤務先の最終面接で残念ながら落ちてしまった娘から
私宛、電話があった。

採用担当者であった自分に対する感謝とお礼の内容だった。

素直に嬉しかった。

落ちた会社の担当者にお礼をする学生さん、素晴らしいと思う。
落とした学生さんにお礼を言われる私も素晴らしい、のかな?

でも、その学生さんにとっても良い経験になったのだろう。
だからお礼をしてくれた。
世知辛い世の中、それだけでも嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おめでたいこと?

会社で隣の席に座っているヤツが結婚する。

誰にもばれないように、社内で愛を育んでいたわけなので、
たいへん立派なことだ。
しかし、あまりにも急な結婚だと思ったら、
すでに「愛の結晶」が相手のお腹にいるらしい。
3月に相手から告白され、5月に入籍ずみ。
どおりで最近疲れている顔をしていると思った。
それを元中日の大豊の経営するラーメン屋で聞いたときは
びっくりした。すぐに会社に報告することをアドバイスした。
それから、あれよあれよと皆に知れ渡ることとなる。

6月に北海道で、親族だけで式をあげるらしい。
それも定山渓で。渋い。

富良野とか、愛国駅とか、他にもたくさんロマンチックなところがあろう。
それこそ、礼文や利尻ですれば、相手の娘は喜ぶだろうに。
6月の利尻礼文なんて、花いっぱいの夢の世界である。

なぜ遠くに行かないのかと聞いたら、
身重ではあまり飛行機に乗れないらしいのだと。

さもありなん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月旅・博多~青森⑤

7月29日

●新潟駅

昨夜の宿にあった「水産ねり製品新聞」?に心を奪われつつも、
きらきらうえつに乗るために朝早くから新潟へ出る。
ここでも旗持ちシリーズを漁り、新潟笹団子ちゃんとこしひかりちゃんを
GETする。

5.6年前の東京を思い出すような、女子高生のスカートの短さ。
これはもっと距離の離れている秋田が楽しみだわいと「オヤジ」に
なりつつ、きらきらうえつとともに新潟を離れる。

かなり人気らしく、乗る直前に指定券を購入した私は、希望の席は
取れず。まあ、しかしリゾート列車もたまには良い。弁当を広げても、
多少マニアな行動をしてもたいして目立たぬ。子供が多いことを
除けば快適この上なし。
 この車両、足元が少し狭い。真ん中の車両が比較的広そう。
2号車が喫茶店になっていて、さっそくおば様の3人連れが何かしら
注文していた。展望車両は中途半端。

 新潟から乗るとき、間違えて4号車7Aの家族連れの真ん中の席に
入ってしまった。うどんを食べていた大学生らしき息子さん。席を移動
させてしまいすいません。本当は3号車4Aの間違いでした。

気のせいが、4号車は3人以上の団体、3号車は2人以下のお客が
座っていたような気がする。JR東日本新潟支社の心遣いに感謝。
おかげで静かな旅になりました。3号車は大騒ぎでしたから。


●酒田駅

とめどめなく歩く。旧本間邸、甲子園で有名な酒田南高校を左手に
山居倉庫へ。サブレ等のおみやげを買う。これは旨い。さすが米どころ。
少しふっくらとした高校生が制服でバイトをしていた。
運河を大きな作業船が停泊しており、工事中。残念、興ざめ。
写真を撮るのは次回とした。

中年夫婦が、お決まりの有名なポジションで山居倉庫を撮影していた。
自分は、その撮影している夫婦をカメラに収める。

時間が余ったので街を2時間ほど散策。裏道に入ると、竹並木のあるお寺が。
少し休んでいく。地元の爺さんが自転車を引いて通りがかる。
暑い日だった。


●女鹿駅

男鹿とは違い、小さい駅。3両の列車がホームに入りきらない。
草も多かった。
車窓は、吹浦駅からが◎。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月旅・博多~青森④

7月28日

●芦原温泉駅

中部圏の温泉ということもあり、何度なく訪れている。
このたび、あわら市となるようだが、金津町・芦原町のほうが
風情があった気が。
残念なことに旧金津駅のころの芦原温泉駅は知る由もないが、
昔からの文化・歴史を引き継いだ地名がなくなるのは寂しい。

●小島谷駅

硬券があったよう。
中島らもが死んだらしい。

●寺泊駅

旨い物を食べようと、寺泊で泊まることに。
何度となく(佐渡へ行くために)訪れている集落だが、
泊まるのは初めて。ここは、集落と駅が離れているため、
泊まるには多少余裕がいる。

「田甚」…

旧館の203号室。温泉も単純硫黄泉?で特段問題なし。
エアコンのフィルターの掃除が足りないらしく、ホコリ
臭かったが、そんなことには慣れている私には十分であった。
風呂も大きくはないが、このクラスの宿としては及第点。
食事も値段相応。屋根で寝ている猫も◎。
私好みの宿であり、また来たい宿の一つだが、女性同伴には
向かない。

目の前の公園が良い。
裸でPCとにらめっこしている若者がいて、思わず写真を撮る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月旅・博多~青森③

7月27日

●米子駅

朝の鳥取ライナーに乗るために、8時にホテルハーベストを出る。
このビジネスホテルはなかなか良かった。入浴剤も用意されており快適。
TVでNHK高橋美鈴さんが映っていた。

米子駅で旗持ちを買う。鳥取梨さん、らっきょくん、かにさんをGET。
当時の彼女へのプレゼントとはいえ、
主要駅で一目散に旗持ちを探す30男に苦笑。

御来屋駅は古い駅舎が残してあった。自分が旅をし始めた頃はこのぐらい
の駅舎は普通に残っていたのだがな。
改修させた部分にはJA直売所らしきものが。
駅舎はかなりわざとらしいが、町並みの景観は良。いつか寄ってみたい。

●餘部駅

香住から、「あまるべロマン号」に乗る。香住-浜坂間約20キロ弱の臨時。
昔の特急車両だろうか。すごく懐かしい感じがした。
天候にも恵まれ、良い景色だった。

わざわざ鉄橋上で徐行をする。

餘部駅、人が多くてびっくり。30人ぐらいはいただろうか。
なぜかと周りを見渡せば、あと数年後には新鉄橋になるようだ。
TVでも取り上げられたらしい。

しばしマニア活動に勤しんだ後、下の街に下りる。静か。
一人で駅を探索できた数年前が懐かしい。

●城崎駅

駅弁「いかめし」最高である。
しそが良い。森駅より上ではないか。
今回は貧乏旅なので滞在時間が短かったが、
また泊まりたい温泉である。

いくつか旗持ちをGETした気がする。

●福知山駅

寝ていたら着いてしまった。
大工事をしていた、高架になってしまうらしい。
今度来るときは、この駅舎は無くなってしまうんだな。
学生さんが多くいた。

●東舞鶴駅(16:35)

高架になっていた。昔のイメージは無くなっていた。
高架下は空き地が多い。本当に高架にする必要が
あったのだろうか。
名鉄本宿駅の半分ほどの大きさの東舞鶴駅。
もう少し旅情を考えて下さっても良いものを。

小浜線。2両の新型車両。ペンキのにおいに酔いそう。

●福井(泊)

敦賀から、若いバカップルといっしょになる。
ずっといちゃいちゃ。周りへの意識など全く無い。
ムカムカしてきた。

福井で夕食をどうしようとか話していた。
そんなことより、女連れならこんな中距離鈍行に乗らず、
特急に乗れよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月旅・博多~青森②

忘れないうちに、昨年7月に出かけた旅メモをまとめたい。

●長門市駅

なぜか、マニア出現。奈古行列車では、空いているのに自分の近くに座る。
うっとうしい。
一両編成なので仕方がないといえばそれまでだが。
出発前は運転士もシートに座っていた。

●萩駅

外人さんが多いのがこの辺りの特徴。車窓の風景もいまだ日本的であり、
写真を撮る人がいた。でも、なんで外人さんは体が大きいのだろう。不思議。

 どこで降りようが迷ったが、萩駅で降り、萩散策をすることにした。
車内で写真を撮っていた外人さんも降りた。
運転士に「萩観光の最寄は東萩だよ」と説明を受けていたが、わかったのが
解らなかったのか、萩で一緒に降りる。

 萩は久しぶりだ。
前回は何故か萩観光はせずに、萩商港から見島へ渡ってしまった。
(見島で自衛隊さんに間違われたなあ)と懐かしく思い出しながら街を歩く。

NHK大河の新選組のおかげで、いくらか街は賑わいを見せていた。
松陰神社まで歩く。
暑い日だったが、途中で夕立にも合った気がする。茶室には感動。

その後東萩駅まで歩く。町並みも落ち着いている。野良犬と一緒になる。
1キロぐらいご一緒しただろうか。写真を撮ったのだが、データがどこかに
いってしまったようだ。薄汚れていたが、愛嬌のあるヤツだった。
 野良君とは、途中でローソンに寄ったためそこでお別れとなる。
あんぱん、めろんぱん、ようかん、山口特産茶ボトル(残り一本だった)を購入。

●益田駅(17:40)

 山陰の駅は総じて静か。良い。

●浜田駅

 アクアライナーで米子まで。2両。松江までほとんど乗降客はいない。
帰省らしい女学生が一人いた。
 温泉津駅が新しくなっていたのは残念。
十年ほど前、寝床にさせていただきました。快適な駅だったのに。
庭園らしきものもあり、風光明媚だったのに。時代の流れか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »