« 上海5日間 | トップページ | 初ごきぶり »

出世について

先日、人事部時代の後任の後輩から、
「昇格」業務について質問が来た。

もうそんな時期なのかとため息をついた。

公平な人事制度や昇格運営を目指して
昨年はがんばっていたけど、
いまや、自分はこの会社では
おちこぼれの最後尾を走っている。

人事時代の上司が言っていた、
「35歳の○○は必要のない人材だな」
      ※○○… 職能資格の名称で今の自分の資格

という言葉が現実的になってきた。

でも、自分自身、充実して仕事をしてきている。


出世ってなんだろうと感じる。

以前、この事で相当悩んで、あせったこともあった。
今も疑問を感じることもあるが、以前ほどではない。

自分なりのものさしが出来てきた気がする。
多少会社のものさしとはずれているのかも知れないが、
「ずれ」と直そうとは思わない。

幸せなことに、収入だけでいえば、
株投資などで、出世の遅れ分は十分にカバーできているし。

今はまっていることは、

中国語、FX(外国証拠金取引)、保険である。

負け惜しみかな???

|

« 上海5日間 | トップページ | 初ごきぶり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39981/11629280

この記事へのトラックバック一覧です: 出世について:

« 上海5日間 | トップページ | 初ごきぶり »