« 2007年8月 | トップページ | 2008年10月 »

旭山動物園

いまだ全くいいことがなく、
自分のしていることの逆逆にいいことがある気がする…

とはいえ、最近はこの倦怠感にも馴れてきたので、
最近あったことを思い出して記録しておこうと思う。

9月19、20日と旭川に出張だった。

で、少し時間が余ったので、有名な旭山動物園へ行ってきた。
ひさしぶりに旅行主任者の血が騒いだのだ。

平日なのに思ったより込んでいた。
人気のあざらしや白熊、ペンギンは並ばなければ見れないほどの人。

でも、感想は「たいしたことはない」

確かに、手作り感いっぱいの感じであり、
地元のおじさんおばさんを使った係員がたくさんいて親切。
いなかの動物園にしてはいい出来だと思うが、それだけである。

タクシーのドライバーに聞くと、
有名になる前は閑古鳥がないていて、いつ廃園なるかもしれないと
思っていたとのこと。
工夫はたくさんしているが、私が思うに、近くの動物園や水族館と
見るものはかわらない。
だた、CSという点では特筆するものあり、これが巷に受け入れられているのだろう。

私は、一度行けばもういい。

おみやげに、不思議な動物のぬいぐるみを買ってきた。
これは良いコレクションだ。

前日にお客さんと食べた旭川三条の居酒屋「暮四季」
ここは旨い。
ちなみに、昼は「天金」でしょうゆラーメン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2008年10月 »